講師プロフィール

浅野 泰生(あさの やすお)

非連続な成長戦略の立案を通じて、経営者が描く
"なれる最高の企業"づくり
を支援するプロフェッショナル。

■MAP経営グループ 代表
・株式会社MAP経営 代表取締役
・株式会社THE MAP 代表取締役

■来歴
・1972年生まれ。愛知県一宮市出身。
・大学卒業後、国内最大級の飲料メーカー(東証一部上場)に入社し、
 新入社員の年間MVPを獲得。

・その後、大手税理士法人で会計実務に従事。
・会計力を活かした新しい経営サポートを追求するため、MAP経営に2006年に入社。
・MAP経営は、1,000を超える会計士・税理士事務所、100公庫の地銀・信金を通して
 
30年にわたり1万社を超える中小企業の支援をしてきた経営計画の専門会社
・2014年1月には血縁関係のない創業者からの経営承継により代表取締役社長に就任。
・事業承継後、積極的な風土改革に取り組む中で、4期連続で増収を達成したうえ、
 社員一人当たりの粗利を1,000万円から1,600万円に向上させた。

・2017年1月にはMAP経営よりコンサルティング部門を独立させ、株式会社THE MAPを設立、同時に代表取締役に就任した。
・社長としてマネジメントに従事しながらも「現場の状況を少しでも改善し、中小企業の経営者・税理士の先生のお役に立ちたい」と
 
全国各地で研修やセミナー講師として励む。年間70回以上、これまでに3,000人以上の経営者や税理士向けに講演活動をしてきた。
 
専門性の高い内容を、事例を交え分かりやすく説明する講義が好評を博しており、リピートや口コミで年々依頼が増えている。
・著書に『最強「出世」マニュアル』(マイナビ)がある。

 

『me;rise』(ミライズ)~2代目経営者のための戦略立案実践塾~

従業員50名未満の会社を30,40代で引き継ぐ、引き継いだ方
承継後3年以内の経営者さま向け

MAP経営グループの30年にわたる1万社以上の中小企業支援の実績、事業承継後、連続増収を達成社員一人当たりの粗利を1,000万円から1,600万円に向上させた当社代表の浅野の実体験、経営手法をベースにした「非連続な成長戦略」立案プログラム。
それが『me;rise』(ミライズ)~2代目経営者のための戦略立案実践塾~です。
『me;rise』(ミライズ)では、「非連続な成長戦略」を立案するためのあり方・考え方、技術・手法を学び、同じ境遇にいる成長意欲の高い2代目経営者仲間と一緒に10日間かけてビジョンシート(me;rise「未来図」)をつくります。
「ビジネスモデルが描けない」、「将来の事業領域をどのように作ればいいかわからない」、「自分の思っていることが社員に伝わっていない」。そのような状況を打開し「非連続な成長戦略」を描きたいと願っている2代目経営者の方に最高の環境を用意しております。
一緒に「非連続な成長戦略」をつくりませんか?

  • 既存事業の外部環境に左右されることなく、
    自社だけが毎年連続して増収増益を達成したい
  • 既存事業のポテンシャルを最大化しつつ、新規事業を立ち上げたい
  • 理念や方向性に共感する優秀な中途や若手を採用し、活躍し続ける人財育成の環境を整えたい
  • 経営を引き継いだからには、絶対に潰せない。そしてより良い状態で承継するための土台をつくりたい
  • 先代からの資産(ヒト・モノ・カネ)を活かしながらも、自分らしい成長・発展の戦略を描きたい

はじめまして。MAP経営グループ代表の浅野と申します。
血縁関係のない創業者から40名規模の会社を引き継ぎ、2代目経営者として日々経営に邁進しております。

当グループでは、経営計画の専門会社として、30年以上事業を行ってまいりました。
1,000の税理士・会計事務所、90の地銀・信金を通じて、今では年間3,000社、累計では直接・間接合わせて1万社を超える中小企業の支援をしてきました。

VUCAワールド

経営環境は絶えず変化し、予測の困難な「VUCA(ブーカ)」の時代が到来したと言われています。
それまで安泰といわれていた大企業の倒産も目立つようになりました。
あらゆる市場で既存ビジネスモデルの崩壊・再構築が始まり、商品・サービスの新陳代謝はどんどん激しくなる一方です。

先行き不透明なVUCAな時代に、経営を承継したものの「ビジネスモデルが描けない」「将来の事業領域をどのように作ればいいかわからない」「自分の思っていることが社員に伝わっていない」という声をよく聞きます。
また、引き継いだ会社をつぶせないという想いと同時に、成長させた上でいかにいい状態で次につなげるかを考えれていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

2代目経営者の直面する課題

2代目経営者の直面する課題は「既存事業・新規事業を両立する戦略の立案」「経営チームづくり」です。

後継経営者は既存の事業と新規事業の両輪をまわすことに難しさを感じています。
先行き不透明なVUCAな時代において、現状維持は衰退を意味します。
経営を引き継いだ後継者は先代から継承された資産(ヒト・モノ・カネ)を活かしながら成長・発展を目指さなければいけません。
いかにして既存事業のポテンシャルを最大化させ、新規事業の種まきを並行して進めるのか、本プログラムではその方法についてお伝えいたします。

また、後継者は経営チームをつくることが必須です。
創業者ならばトップダウンで末端の社員まで指示を出すことも可能ですが、後継者は自身の専門分野以外のマネージャーたちの力を借りなければなりません。

社長の頭の中で考えていても、伝わらなければ考えていないのと同じです。
社長が思っているほど社員は理念に共感していなかったり、貢献の心がなかったり、そのようなことが起こるのは、社員が悪いのではなく、社長が思いを伝えられていないことが原因です。
伝わるか伝わらないかのポイントは、その人の感情が動くかどうかです。
伝える力、ツール、方法もこのプログラムで培うことができます。

ビジョンシート(me;rise「未来図」)で、”なれる最高の企業”を描く

「既存事業・新規事業を両立する戦略の立案」と「経営チームづくり」のために、当社では、ビジョンシート(me;rise「未来図」)をつくることが重要であると提唱しています。

ビジョンシート(me;rise「未来図」)をつくり込むことで、自社オリジナルの非連続な成長を遂げる戦略を確立することができます。
また、戦略が社員に伝わることで社員がイヤイヤではなく、内発的動機に基づいたワクワクした行動をとるようになります。
難しく感じる方もいるかもしれませんが、A3 1枚のビジョンシート(me;rise「未来図」)に落とし込んで、作成するだけです。

今後、現在の業績や社員との関係性を外部環境や他責にしない、自らの手で非連続な未来を創る意欲溢れる経営者コミュニティを創っていきたいと考えております。
私自身も2代目経営者です。非連続な未来をつくるための戦略立案プログラムで、同じ境遇にいる成長意欲の高い経営者仲間である皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

得られる確かな成果

①なれる最高の企業をつくり
上げるマスタープラン!

自社オリジナル」の非連続な成長を遂げるための「戦略」を確立することができます。

  • 理念」「目標」「戦略」が明確になることで、経営者自身当たり負けしない「ブレない軸」ができます。
  • 既存事業」のポテンシャルの最大化と、「新規事業」の種まきのための方向性が確立されます。
  • 従来の数値目標ではなく、目標達成に向けたストーリーとしての「戦略」をつくり上げることができます。

②ビジョンシート!
(me;rise「未来図」)

社長も社員もワクワクするビジョン、戦略が社員に伝えやすい「カタチ」になります。

  • ビジョンシートにより、ビジョンと戦略が共有された強固な「経営チーム」ができます。
  • 幹部が、「社長の代弁者」として自分の言葉で会社の将来を語るようになります。
  • 社員がイヤイヤではなく、内発的動機に基づいた「ワクワク」した行動をとれるようになります。

③切磋琢磨できる同じ境遇の
意欲溢れる2代目経営者仲間!

外部や他責にせず、自らの手で非連続な未来を創る「意欲溢れる経営者コミュニティ」をつくります。

  • 同じ境遇」である「異業種」の経営者と本音で語り合える環境が手に入ります。
  • 自分だけではこれまで考えも付かなかったような「アイデア」が生まれます。
  • プログラム終了後も受講者同士の将来にわたる強力な「関係性」ができます。

MAP経営グループ サービス体験者の声

今まであいまいだったものが明確な指標になって、先代と違っていいんだと気付くことができました

業種:印刷業、役職:専務取締役、設立:1989年、社員数:47名

 以前より次期社長としての準備のためにはどのようなことが必要なのか、具体的に何をすればいいのか勉強することに興味はありましたが、日々プレイングマネージャーとしての活動が多く、なかなか時間がとれずにいました。しかし、現在会社が伸び悩んでいるという状況を認識しており、このまま事業を引き継いでしまうともっと時間がとれなくなると思い受講を決意しました。

 今まであいまいだったものが明確な指標になって、先代と違っていいんだと気付くことができました。終わってすぐ会社で実践した内容も多く、実際に仕組みにまで落とし込めたこともあります。改革はまだまだ行きつけませんが、少しずつ変化を実感しているので、取り組みを進めていきたいと思います。

「承継後3年以内には理念を変えるべき」です

業種:ソフトウェア開発業、役職:代表取締役、設立:1991年、社員数:36名

 「理念は作り直してください」。そう言われたとき意味がわかりませんでした。もともと社員との関係性は正直好ましいものではありませんでした。会社を引き継ぐ際、自身も含めて社員には先代に雇われているという感覚が強くありました。なかには「先代にはついてきたけど、先代が指名した次の社長は認めない」という者がおり、会長を取り込むことで自分を正当化しようとする動きさえありました。

 そのような状況下で受講をしましたが、社員との関係性が劇的に変わりました。いつまでも「先代はこうだった」と変化を受け入れない社員に対し、理念を再構築することにより名実ともに新社長は自分であるということを表明することができ、社員は誰のどの指示に従うべきかが明確になりました。また、受講前は私自身「預かった会社」という意識が強かったのですが、理念をリニューアルすることで自社により愛着がわいたともに、更なる使命感と責任感を覚えました。間違いなく「承継後3年以内には理念を変えるべき」です。

自分の想いや戦略をきちんと社員に共有し、組織が一枚岩となって非連続な未来を描いていきたい

業種:建設業、役職:代表取締役、設立:1988年、社員数:30名

 先代が急逝し、代表に就任した私はとにかく経営について学びました。銀行主催のものや、組合の2代目の会、そのほか著名なセミナーや勉強会に足を運びました。学んだことは実践し、売上は右肩上がり、先代からの借金も完済しました。一方で、社員とのコミュニケーションから、どこか自分の考えが浸透していないように思える時がありました。

 会社が右肩上がりだとしても、それは既存事業にしがみつきながら手にした利益であり、過去の延長線上でのものでしかありませでした。次に経営をバトンタッチする人には私と同じ苦労をさせたくありません。そのために、自分の想いや戦略をきちん社員に共有し、組織が一枚岩となって非連続な未来を描いていきたいと強く思っています。

会社の方向性は固まったので、この通りにしかいかないという可能性を感じています

業種:製造業、役職:代表取締役、設立:1978年、社員数:28名

会社を継いで3年が経ち、自分で採用した社員も出てくる中で、会社で掲げている理念と社員の実際の行動が乖離していると感じていました。父親の突然の引退により代表になり、社長として何を大切にすればいいのか、決意が固まっていませんでした。私の姿勢が社員によくない形で伝播していたんだと思います。

会社の方向性は固まったので、この通りにしかいかないという可能性を感じています。また、自分とは異なる業界の同じ境遇にいる2代目経営者との交流は参考になることが非常に多く、このつながりを大切にしていきたいと思います。お互いのビジネスの発展だけでなく、社員同士のつながりまででき始めたようにも感じております。ありがとうございます。

当プログラムが選ばれる5つの理由

『me;rise』(ミライズ)~2代目経営者のための戦略立案実践塾~が選ばれる5つの理由について詳しくご紹介いたします。

2代目経営者の原理原則に基づいた実践者が講師

事業成長と、継いだ時から始まる次へのバトンタッチというミッションに縛られる後継者の心を理解できる現役2代目経営者だからこそ提供できる価値があります。

アウトプット中心の、実践的な立案プログラムサイクル

学ぶことが目的ではありません。講座でも常にアウトプットを意識していただきます。

結果にこだわるから専任コンサルタント伴走スタイル

学びっぱなし、机上の空論に終わらせないため、専任のコンサルタントが毎回のフォローアップを行います。

参加経営者同志のリアルな情報交換と、本音のフィードバック

自分だけではブレークスルーしないアイデアも仲間とのコミュニケーションで新たな発見を生み出します。

経営計画専門会社としての30年1万社以上にわたる経営計画づくり支援実績

1,000社以上の会計・税理士事務所、100公庫の地銀・信金を通じて、年間3,000社以上の中小企業支援実績を誇る当社が実際のデータや事例を通じて経営の原理原則をお伝えします。

推薦者の声 新 将命氏(国際ビジネスブレイン社長・元ジョンソンエンドジョンソン社長)

『方向性(=理念+目標+戦略)』こそ経営者が示す道です。

「正しい理念、正しい目標、正しい戦略があってこそ正しい方向性が生まれるのですから、経営者は正しい理念、正しい目標、正しい戦略を理解したうえで正しい方向性を打ち出し、その方向に社員を導かなければなりません。」

「浅野社長は、現役の2代目経営者ですので、同じ境遇の方の悩みを理解されています。2代目経営者の置かれた立場を理解した原理原則に沿った方向性作りのプログラムとしてお薦めいたします。」

■プロフィールーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップス等グローバル・エクセレント・カンパニー6社の日本法人で社長職を3 社、副社長職を1社経験。2003 年から2011 年3 月まで住友商事株式会社のアドバイザリー・ボード・メンバーを務める。

○「経営のプロフェッショナル」として50 年以上にわたり、日本、ヨーロッパ、アメリカの企業の第一線に携わり、今も尚、様々な会社のアドバイザーや経営者のメンターを務めながら長年の経験と実績をベースに、講演や企業研修、執筆活動を通じて国内外で「リーダー人財育成」の使命に取り組んでいる。
 

非連続な未来をつくる 戦略立案の5Step+1

開催概要

タイトル 『me;rise』(ミライズ)~2代目経営者のための戦略立案実践塾~
対象

▪後継者
▪後継予定者
※同業他社様のご参加はお断りさせていただきます。

定員 10名程度
開催日程

▪5月中旬~翌年2月中旬
▪月1回×全10回
▪各回10:30-18:00(受付時間10:00-)

5/16(水)、6/13(水)、7/12(木)、8/9(木)、9/11(火)、10/17(水)、11/13(火)、12/12(水)、
2019年 1/16(水)、2/13(水)

開催場所 株式会社MAP経営 セミナールーム(東京都中野区本町2-46-1 中野坂上サンブライトツインビル23F)

初回無料相談のご案内

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。
ご質問・ご不明点等を直接お聞きしたい方や迷っていらっしゃる方もいるかと思います。
当社では、初回に限り、最大30分の無料相談を受け付けておりますので、まずはお気軽に無料でご相談くださいませ。